読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エアラインのマイレージを貯めて出かけるブログ

ANAのマイレージを貯めて出かけるブログです。

MENU

ANA プレミアムメンバーになるまでを振り返る

スポンサードリンク

 私は、今年初めて、ANAプラチナ基準に到達することができました。修行をしたわけではないので、あまりこの記事が役に立つか分かりませんが、振り返りをしたいと思います。

f:id:ttrip:20161017173453p:plain

 

最初はブロンズすら眼中になかった

今だから書きますが、これまでのプレミアムポイントは多くて毎年2万行かないくらいでした。これでも乗ってる方だとは思うんですがね。今年は、東京と九州を往復する必要が特に上半期に集中してありました。それでもブロンズやプラチナは眼中にありませんでした。

しかし、6月頃にブロンズメンバーになってからは、これはプラチナいけるのではないかと考え始めるようになりました。

プレミアムポイント 50,000の内訳

私が、今年プラチナを達成した内訳です。

長崎-東京(羽田) 特割 1,315 1,315
東京(羽田)-長崎 特割 1,315 2,630
プレミアムポイントキャンペーン   2,016 4,646
長崎-東京(羽田) 特割 1,315 5,961
東京(羽田)-長崎 特割 1,315 7,276
長崎-羽田(東京) 特割 1,315 8,591
東京(羽田)-長崎 特割 1,315 9,906
福岡-東京(羽田) 特割 1,315 11,221
東京(羽田)-福岡 特割 1,250 12,471
福岡-東京(羽田) 株主優待割引運賃 1,250 13,721
東京(羽田)-長崎 株主優待割引運賃 1,315 15,036
長崎-羽田(東京) 特割 1,315 16,351
東京(羽田)-福岡 株主優待割引運賃 1,250 17,601
福岡-東京(羽田) 特割 1,250 18,851
東京(羽田)-福岡 包括旅行MDP割引 567 19,418
福岡-東京(羽田) 包括旅行MDP割引 567 19,985
東京(羽田)-長崎 株主優待割引運賃 1,315 21,300
福岡-東京(羽田) 株主優待割引運賃 1,250 22,550
東京(羽田)-福岡 株主優待割引運賃 1,250 23,800
福岡-東京(羽田) 特割 1,250 25,050
東京(羽田)-福岡 特割 1,250 26,300
長崎-東京(羽田) 特割 1,315 27,615
東京(羽田)-福岡 ビジネスきっぷ 1,534 29,149
福岡-東京(羽田) ビジネスきっぷ 1,534 30,683
東京(羽田)-大阪(伊丹) 特割 820 31,503
大阪(関西)-東京(羽田) 特割 820 32,323
TOKYO/NARITA - VIENNA   2849 35,172
VIENNA - LINZ RAIL STATION   55 35,227
LINZ RAIL STATION - VIENNA   55 35,282
VIENNA - TOKYO/NARITA   2849 38,131
東京(羽田)-長崎 片道運賃 1,620 39,751
長崎-東京(羽田) 特割 1,315 41,066
東京(羽田)-福岡 ビジネスきっぷ 1,534 42,600
福岡-東京(羽田) ビジネスきっぷ 1,534 44,134
東京(羽田)-長崎 株主優待割引運賃 1,315 45,449
長崎-名古屋(中部国際) 包括旅行MDP割引 417 45,866
名古屋(中部国際)-長崎 包括旅行MDP割引 417 46,283
長崎-東京(羽田) 株主優待割引運賃 1,315 47,598
東京(羽田)-長崎 株主優待割引運賃 1,315 48,913
長崎-東京(羽田) 株主優待割引運賃 1,315 50,228

 

他の修行した方のみなさんと比較すると全く面白みがない内訳となっています。 
ほぼ、羽田と福岡・長崎の往復ですね。全てが自己負担だというわけではなく、こんなに往復する必要があるのも人生で今回だけでしょう。

特割と株主優待の利用が効いた

内訳を見てもらうと分かるとおり、特割と株主優待での搭乗がほとんどです。これは、予定が直近にならないと分からないことが多く自然とそうなりました。今見ると途中、旅作での博多往復が少し持ったないなと思ったりしますね。

プレミアムポイントで考えると、旅作と株主優待割引運賃での利用が少なかったら、これだけ搭乗してもプラチナ行かなかっただろうなと思います。

ちなみに、プレミアムクラスには未だに未経験です。みなさんのブログとかみると美味しいそうなご飯がうらやましかったです。

 

羽田のラウンジお試しキャンペーン

キャンペーンで、羽田のANAラウンジを利用することができたのは、とてもよかったです。修行ではなく、用事で行っていたので楽しみができて少し気が楽でした。

 

最後に

ANAプラチナメンバーになることが無事にできたわけですが、達成すると飛行機に乗る機会もなくなり、せっかくのプラチナメンバーを単能できずに少し寂しいです。これから、プラチナを目指す方や、出張などが急増した方に、公開した内訳が参考にすこしでもなれば嬉しいです。

 

広告を非表示にする