エアラインのマイレージを貯めて出かけるブログ

ANAのマイレージを貯めて出かけるブログです。

MENU

クレジットカードの審査と信用情報〜基本と気をつけること〜

 f:id:ttrip:20170331111116j:plain

 クレジットカード、活用していますか?クレジットカードを利用する上で、審査と信用情報というのはよく分からず不安になる要素だと思います。私自身、今でも新規申込み時の審査はどきどきです。そのような審査と信用情報について基本を説明します。

クレジットカードにおける審査とは

クレジットカードは申し込めば、無条件に発行されるものではありません。必ず審査を経て、審査に通過した人のみに発行されます。これまでクレジットカードの発行が数枚だけ、ゴールドカードなどは発行したことなく楽天カードAEONカードだけの発行の場合は、審査落ちすることも少なく審査をあまり意識していないかもしれません。しかし、それらの一般的に発行されやすいと言われているカードにも必ず審査は行われ発行されない場合も少なからずあります。

クレジットカードの審査基準は公開されていない

では、クレジットカードの審査基準はどうなっているのか?ということが気になります。しかし、クレジットカードの審査基準は各社独自に存在し、公開されていません。それに加え、審査に通過できなかった場合もその理由は教えてもらうことはできません

審査基準は公開されてはいませんが、「申し込みができる方」は各カード記載があります。これは、年齢制限だったり学生の申し込みなどについての記載です。

すこし例を使って説明します。

まず、ANA VISA 一般カードの記述は次の様になります。

満18歳以上の方(高校生・大学生は除く)

ANAカード|クレジットカードの三井住友VISAカード

この場合、収入や定職は問われず、学生は申し込み不可ということになります。

次に、ANA VISA ワイドゴールドの記述は次の様になります。

原則として、満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

ANAカード|クレジットカードの三井住友VISAカード

この場合、まず20歳以上という年齢制限がもうけられています。クレジットカードは18歳以上で申し込むことができますが、このカードの場合18歳・19歳では原則発行されません。また、安定継続収入とあるので主婦の方など収入が無い場合は厳しいことになります。

最後に、イオンカードセレクトの記述は次の様になります。

  • 18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方なら、お申込みいただけます。

この場合は、クレジットカードが発行可能な年齢である18歳以上という制限以外はありません。電話連絡可能というのは、文字通り、携帯電話や固定電話でなにかしら電話に出ることができればよいということになります。

 

クレジットカードのWEBサイトなどに記載されている審査基準や申し込みができる方など(各社色々な言い方をしています)の記述から主に3つのことを確認することができます。

  • 年齢制限の有無
  • 安定継続収入の必要性
  • 学生の申し込みの可否

これらの条件をクリアしていない場合にカードの申し込みを行うと、多くの場合審査に通過できません。審査に通過できなかったという記録は、後述する信用情報に記録され、その後のクレジットカード審査に影響がでるためおすすめしません。

信用情報とは

クレジットカードやローン申し込みを行うと、その情報が記載されます。

信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。そして、この信用情報は、クレジット会社が顧客の「信用」を判断するための参考資料として利用されます。 そのため、信用情報には人種や思想、保健医療、犯罪歴などの項目は、一切含まれません。

信用情報について|指定信用情報機関のCIC

クレジットカードの申し込み履歴だけでなく、支払い履歴(遅滞がないか)も記載されます。また、各月にそのカードに請求があったかどうかも分かります。つまり、主にそもそも請求額が0円だった、請求があり問題なく支払いが行われた、請求があったが支払いが遅滞したという情報が記録されます。つまり、支払いの遅滞などの事故だけではなく、日頃からカードを利用しているかという情報も記録されます。

よく言われるブラックリストというのは、主にこの信用情報のことを指します。いわゆるブラックリストと言うのは存在せず、ブラックリストに載る≒遅滞などの事故情報が信用情報に記録されるということです。

クレジットカードの審査は何によって行われるのか

クレジットカードの審査は、基本的に複数の要素から総合的に審査されます。真っ先に考えられるのが属性です。これは、勤務先、年収などになります。その次に信用情報です。これは、すでに述べたようにこれまでのクレジットカードやローンの申し込みや支払い状況の記録を参照します。その際に遅滞などの事故情報があると、審査通過が非常に厳しくなります。また、各カード会社それぞれの顧客情報も審査において大きな影響を与えることがあります。審査の際、同じ会社の他カードをすでに使用している場合、信用情報機関を参照するよりも詳細な情報を参照することができます。同じ会社の他カードを長い間使用し、遅滞なく支払いを行う事は、その会社のゴールドカードなどの審査の際に有利に働くと考えられます。

クレジットカード ヒストリー

クレジットカードヒストリーとは、クレヒスとよく呼ばれているもので、これまでのクレジットカードの発行・利用の履歴のことを指します。すでに述べてきたように、クレジットカードでの審査は属性以外に、信用情報機関に登録されている情報・自社で保有している履歴情報が大きく影響します。

クレジットカードやローンを一切利用しなければクレヒスに傷が付くことはありません。しかし、利用履歴が一切無く、カードを発行しようとした際に、カード会社は信用情報から情報を得ることができません。支払い能力があるのか、それとも何かの理由でカードの発行ができないのかなど判断が付きません。

つまり、クレヒスとは悪い情報だけでなく良い情報も含まれます。ですのでクレジットカードを適切に利用し、自分のクレヒスを育てることも重要です。

クレジットカードの申込時に気をつけること

クレジットカードの審査に必ず通る方法はないというのは、これまでの説明で理解できたと思います。

クレジットカードのWEBページなどはしっかり確認する

クレジットカードについての紹介記事は、多くのブログなどで書かれています。しかし、実際に申し込む時には、カードの公式ページなどをしっかり確認することにしましょう。

必要のないキャッシング枠はつけない

キャッシング枠を申し込むと審査の難易度が一般的にあがります。必要の無い場合は、キャッシング枠を0にしましょう。必要以上のキャッシング枠を申し込むと「お金に困っているのはないか」などと審査に良い影響は与えないと考えられます。

また、キャンペーンなどでキャッシング枠の設定が条件となっている場合も、発行後必要がなくなったタイミングでキャッシング枠を0に変更しておきましょう。

自分の情報は正直に任意の部分まで埋めよう

クレジットカードの申し込みの際には、名前・住所などの基本情報から年収など様々な情報を提供する必要があります。その際は、正直に回答しましょう。そして、任意の部分もできるだけで回答するようにしましょう。貯蓄額などが多くの場合任意となっています。そのような部分までしっかり回答しましょう。そうすることで、審査の判断材料を増やすことになります。

審査に落ちた場合は、次の申し込みまで6ヶ月待とう

クレジットカードを申し込みした場合は、信用情報に申し込んだということが記録されます。その申し込みにおいて、審査に落ちた場合、その後信用情報にそのカードが記載されずに審査に通過できなかったことが分かります。しかし、カードの申し込み履歴は6ヶ月で消えるので、審査に落ちた場合は、次のカード発行まで6ヶ月待つのがおすすめです。

クレジットカードを利用する上で気をつけること

支払いの遅滞は絶対にしない

クレジットカードを利用する上で、最も重要だといってもいいのが、きちんと支払いを行うということです。いわゆるブラックと言われる返済状況「異動」と信用情報に記載されると、その後きちんと返済を行ったとしても5年間、記載されたままになります。

残高不足などで引き落としができなかったからといって、即「異動」と記載されるわけではありませんが、常にきちんと引き落とされるように準備をしておきましょう。そのためには、給料振り込み口座など入金がある口座をカード引き落とし口座に指定すると入金忘れなどを防ぐことができるためオススメします。

発行したカードは毎月少額でも使う

無事にカードが発行されたが、なかなか使うことのないカードもあるかもしれません。それでもできる限り毎月使いましょう。信用情報にはクレジットカードを使用し、きちんと支払いが行われた履歴も掲載されます。しかし、請求額0円では掲載されません。ですので、コンビニでも大丈夫なので、特典目的で発行したカードなどでも月に1回は利用するようにしましょう。

まとめ

クレジットカードは、生活していく上でないと非常に不便な存在にまでなりました。多くの人が複数枚のクレジットカードを持つようになり、学生や主婦へも広がっています。そんなクレジットカードですが、特性を理解しないと、将来へ影響することもあります。しかし、気をつけるべきことを理解して利用すれば、心配することなくお得で便利な生活を送ることができます。

4月から、新たな環境での生活がはじまり、新しいクレジットカードを作る方も多いかもしれません。そのような方の助けにすこしでもなればなと思います。では。

 

 

 

 

広告を非表示にする